BRIDGE
世界に日本の保健医療を繋げる活動をしています
BRIDGEは2016年8月より認定NPO法人として承認されました。 認定NPOについてはこちら
  • ホームページをリニューアルしました。

活動報告

ブラジル連邦共和国

ブラジル南パンタナール地域における地域医療プロジェクト

コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国における地域医療プロジェクト

AIR Pneumo

じん肺エックス線診断の支援

国内活動

文化交流

理事長挨拶

理事長 関博之

NPO法人BRIDGEは、菅沼成文教授(高知大学副学長)が2000年以来国際機関に依頼されて行ってきた海外医療技術支援を土台とし、菅沼教授が受け入れた留学生の母国医療支援を目的として2014年にNPO法人として立ち上げたものです。 2016年4月からは創立者である菅沼教授から引き継ぎ、私が新理事長として活動を展開しています。高知県において国際医療保険関係のNPOとしては初めて、認定NPOとなれましたことは、ご支援頂いている皆様のおかげです。いつもご支援ありがとうございます。菅沼教授が国際機関専門家として指導するじん肺の放射線医学的診断普及、ブラジルパンタナールでの地域医療整備プロジェクトならびにコンゴ民主共和国における地域保健プロジェクトを現在継続しています。世界に対して、日本が責任を果たすべく今後も積極的に活動を発展継続していきたく思っています。引き続きのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

創立者挨拶

創立者 菅沼成文

世界の各地では、必要な医療を受けることができない人々が未だに多くいます。わたしは長崎原爆病院で生まれましたが、戦後の廃墟の中から立ち上がった日本に世界中の人々が希望を抱いています。NPO法人BRIDGEは日本と世界中の架け橋として、医療協力という形で世界中に愛と希望を伝え、その地の人々が自分たちの力で立ち上がることを応援していきたいと考えて、行動しています。みなさんのご支援を宜しくお願い致します。