キービジュアル
ブラジル中核病院建設プロジェクト

プロジェクトの背景

プロジェクトの背景

ブラジルは憲法ですべての国民が無料で医療を受けられると定められています。しかし地域によっては行政予算がニーズに追い付かず、近くに病院がなかったり、あっても重症患者を受け入れられる病院ではなかったりする、という問題があります。
私たちが活動してきたブラジル・南マットグロッソ州のボニート地域にも、中等度以上の患者を受け入れられる地域病院がありません。

問題解決のための取組

このような問題を解決するために、これまでとは違うやり方が求められています。
行政だけに頼らない非営利組織を巻き込んだ公的病院運営の挑戦として、現地の公益法人Centro de Diagnostico Medicoを運営している森部玲子医師は、この公益法人を活用した公的病院「パタンナール地域病院」運営プランを州政府に提出し、州政府の承認を経て地域医療計画の中に組み込まれています。これは、公的医療保険の患者を6割、民間保険に契約している患者を4割を診療することにより、公的医療を提供して地域住民に貢献しつつ、富裕層の求める高度なニーズにも応えようとするものです。
BRIDGEは、高知大学とも連携しながらこのプロジェクトを人的・金銭的に支援しています。

パンタナール地域病院建設計画について

問題解決のための取組

パンタナール地域病院では、州内にある4つの医学部の研修病院として内科、外科、産婦人科、小児科などの基本診療科を中心に、高知大学医学部の協力により、内視鏡診断と治療を提供できる光学治療診療センターを設置し、低侵襲治療の拠点とします。
また、州全体においても、特にニーズの高い整形外科の待機手術、脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科などの手術にも対応します。集中治療室(ICU)、手術室の配置は先進的な設計によって十分な面積を確保しています。

プロジェクトの背景

ブラジルは憲法ですべての国民が無料で医療を受けられると定められています。しかし地域によっては行政予算がニーズに追い付かず、近くに病院がなかったり、あっても重症患者を受け入れられる病院ではなかったりする、という問題があります。
私たちが活動してきたブラジル・南マットグロッソ州のボニート地域にも、中等度以上の患者を受け入れられる地域病院がありません。

プロジェクトの背景

完成予想図

パンタナール地域病院の設計図は、ブラジリアの大統領府の設計で有名なオスカー・ニーマイヤーの弟子で70の病院を設計してきたセルソ・コスタ博士の設計です。カトリックの国らしく、癒やしの御霊、つまり精霊を意味する鳩の形の病院です。

プロジェクトの背景

完成予想図

ベッド

120床のベッドを72床の公的保険と48床の民間保険とに分けて運営し、安定経営を実現させます。

富裕層向けのメディカルスパ

富裕層向けのメディカルスパを併設し、地域経済の活性化を応援します。