キービジュアル
コンゴ医療支援

現地が抱える課題 ~ 公衆衛生を整備して生活の質向上

現地が抱える課題

コンゴ民主共和国では、首都キンシャサを中心に少しずつ道路・電気・水道・学校・病院などのインフラの整備が進んできているとはいえ、まだ国民には生活向上に関して充分な実感が得られていません。
公衆衛生環境が十分に整っていないことに加え、教育が十分に行き届いていないことから
いまだ感染症等防ぐことのできる病気で亡くなる方が多いのが現状です。

BRIDGEの取り組み

公衆衛生を基盤にした感染症予防

コンゴ民主共和国の死因はマラリアやHIVなどの感染症によるものが大半を占めており、公衆衛生の重要性や感染症を予防するための対策が急務といわれています。そこで、居住区周辺における環境整備(マラリアの媒介となる蚊の温床となる水たまりやゴミ問題)や、病院内での院内感染症予防についての教育支援を行っています。

BRIDGEの取り組み

”コンゴ子供基金”を通じた教育支援

コンゴ民主共和国では経済的背景から教育を受けられない子供達が多く存在します。そこで、“コンゴ子供基金”と協力して、コンゴ民主共和国の教育が受けられない子供の学習支援を行っています。コンゴ子供基金は直接、教育施設(公立の小・中学校)に教育費を収めることで一人でも多くの子供達に教育が行き届くように支援しています。

”コンゴ子供基金”を通じた教育支援

コンゴでの活動レポート

    最新活動レポートはありません。

    すべて見る