キービジュアル
活動内容

ブラジル医療支援

ブラジル医療支援

地方の医療過疎が深刻なブラジルにおいて、現地の非営利組織や行政と連携して地域医療を維持し、持続可能な形に発展させるための活動を行っています。

くわしく見る

コンゴ医療支援

コンゴ医療支援

インフラ整備がまだまだ不十分なコンゴにおいて、公衆衛生の整備や感染症の調査、さらに教育支援などの活動を行っています。

くわしく見る

日本国内での活動

日本国内での活動

各国での医療奉仕活動を学会や研究会で共有したり、現地の文化を日本国内に伝えて交流を促進したりする活動を行っています。

くわしく見る

AIR Pneumoプロジェクトへの支援

AIR Pneumoプロジェクトへの支援

掘削や建設作業などにより粉塵や微粒子を長期間吸引した結果、肺の細胞にそれらが蓄積することによって起きた肺疾患を「職業性じん肺」といいます。
職業性じん肺は早期発見・治療により予防できる病気であり、WHO/ILOも2030年までに職業性のじん肺をなくそうというプロジェクトを立ち上げています。
私たちBRIDGEもこのプロジェクトに賛同し、アジア各国でじん肺のエックス線診断の技術指導を行っています。
また、確かなじん肺診断技術を持つ医師を認定するための「AIR Pneumoプロジェクト」に対して、専門家派遣、技術支援、資金提供などを行い活動を支えています。